カラダを鍛えること、リハビリ的な視点

今日のお客様との会話から思ったことを。カラダを鍛えることは大事です💪

とはいえ、「筋トレ」とか「鍛える」と言われると抵抗ありますよねー💦
私、中村は作業療法士という資格を持っており、この資格、病院でリハビリを担当する役割です。
私は病院ではなく、かつてリハビリ特化型デイサービスの責任者でした。
資格うんぬんのことでなく、病院でもデイサービスでもカラダの機能がいちじるしく落ちちゃって生活するの必要な動きができなくなるくらい困った状況になるとですね、イヤでもリハビリの名のもとに「鍛える」ことをさせられます😖
今日のお客様もそうなんですけど、自分が歩くのもままならなくなるくらいになって初めて「これじゃ、いけない、何とかしなきゃ」ってなります。
で、そうなったとき、病院でもどうにもしてくれない(外来リハビリなどに通わせてもらえる場合もあるんですが)ケースって多いです。
私が今まで主にみていた「変形性股関節症」も今カンバンにしている「腰痛」もそうです。
ですので、腰痛ナシナシでは施術だけではなく「自分でできること」に「鍛えること」もふくめています。リハビリ的な視点です。
だから腰痛ナシナシに来てくれるとリハビリ的な視点でのトレーニングも行えるので、確実に良くなっていただけますヽ(*´∀`)ノ✨✨
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お問い合わせ

※現在、新規のご予約は受付しておりません。お問い合わせは下記のフォームからお願いいたします。

 

お問い合わせフォー厶

kenkoumashi2@gmail.com

NEWS

2018年4月
« 3月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30