ぽっこりお腹と腰痛

ぽっこりお腹と腰痛は密接な関係があります。腰痛にせよ、昨今よく耳にするメタボリックシンドロームにせよ病院では「老化現象ですね」「加齢の影響でしょうね」などと言われます。加齢による変化は原因ではなく、結果でしかありません。

というより姿勢のくずれこそ原因でもあります。くずした姿勢が筋肉を弱くし、さらに姿勢がくずれてお腹まわりが目立っていくという悪循環ですね。

この骨模型に着目して欲しいのですが、肋骨と骨盤の間には背骨しかありません。骨の支えか無いため、筋肉て支えるしかないのです。筋肉の支えが弱くなれば、肋骨と骨盤の間が水風船になってしまうイメージです。これではグラグラするのでお尻や脚、肩の周りの筋肉などを必要以上に硬めてバランスを取ることになり、その結果が腰痛や膝、股関節、四十肩などの症状なのですねー。

 

ただ、クランチなどいわゆる昔からある腹筋運動などでは首や反動など本来鍛えたいお腹まわりがうまく鍛えられませんので、適切なお腹のトレーニングが必要になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お問い合わせ・ご予約

お問い合わせ・ご予約はこちらのメールアドレスから

kenkoumashi2@gmail.com

※お使いの端末で迷惑メールブロック設定により、当店からの返信メールが受信できないがございますので、設定の変更をお願いいたします。

NEWS

2018年2月
« 1月   3月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728