腰痛改善に必要な3つの原則

腰痛が長引くと骨盤の傾きに左右差があらわれ、脚の長さが少しずつアンバランスになります。簡易的に膝の高さでチェックできます。

写真のように高さが明らかに異なる場合、すでに短いほうの脚は股関節または膝関節にまで影響していることが多いです。それだけ短いほうの脚、骨盤まわりの筋肉が硬くなっているということですね。腰痛持ちになって慢性化すると膝や股関節が痛くなってしまうケースはよくあります。

解決策はシンプルで、
①筋肉をやわらかくする
②筋肉を硬くしてしまうクセをリセットして正しい使い方を身につける
③弱化した筋肉を再強化する
ことに尽きます。

この3つはどれも欠けてはいけません。腰痛を改善するために色々なところに通ってみたけど良くならないという場合は、このうちのどれかが欠けているわけですねー。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お問い合わせ・ご予約

お問い合わせ・ご予約はこちらのメールアドレスから

kenkoumashi2@gmail.com

※お使いの端末で迷惑メールブロック設定により、当店からの返信メールが受信できないがございますので、設定の変更をお願いいたします。

NEWS

2018年2月
« 1月   3月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728